総二階の魅力を引き出す!コスト効果とおしゃれな外観デザインの秘訣

住宅を建てる際、予算と理想の間で折り合いをつけるのは難しい選択です。
そんな時、総二階建ての住宅が解決策となるかもしれません。
総二階建ては、建築コストを抑えながらも快適な居住空間を実現できる魅力的な選択肢なのです。
また、外観デザインを工夫することで、おしゃれな家づくりも可能です。
総二階建ての特徴とメリットを理解し、理想の住まいを実現しましょう。

□総二階建てのコストパフォーマンスと住み心地

総二階建ての最大の魅力は、優れたコストパフォーマンスにあります。

1:基礎と屋根の施工面積が少ない

総二階建ては、部分二階建てと比べて基礎と屋根の施工面積が少なくなります。
これにより、材料費や工事手間を減らせるため、建築コストの削減につながるのです。

2:断熱性を確保しやすい

総二階建ては、建物の表面積が小さいため、断熱性を確保しやすいというメリットもあります。
特に屋根は、日射の影響を受けやすい部分なので、断熱性への配慮が必要です。
総二階建ては屋根面積が少ないため、コストを抑えながらも効果的に断熱性を高められるのです。
断熱性が高いと、冷暖房の効率が上がり、光熱費の節約にもつながります。

3:メンテナンス費用を抑えられる

外壁や屋根の塗装や張り替えなどのメンテナンスは、住宅の維持管理に欠かせません。
総二階建ては、表面積が小さいため、メンテナンスにかかる材料費や工事手間を抑えられます。
また、屋根が2階部分だけなので、シンプルな形状にしやすく、雨漏りのリスクも減らせるでしょう。
長期的な視点で見ると、メンテナンス費用の節約は大きなメリットといえます。

4:耐震性を高める設計が可能

木造住宅の耐震性は、壁の量や配置、床・屋根面の構造などによって変わります。
総二階建ては、1階と2階の外周がぴったりと揃うため、構造耐力壁の位置を上下階で揃えやすいのです。
これにより、複雑な形状の家よりも耐震性を高める設計がしやすくなります。

□総二階の外観デザインをおしゃれにするためには?

総二階建ての外観は、シンプルになりがちですが、デザインの工夫次第でおしゃれな印象に変えられます。
ここでは、総二階建ての外観をおしゃれにするポイントを紹介しましょう。

*外壁の色と素材で印象を変える

外壁の色は、家の印象を大きく左右します。
ホワイトやベージュ、ブラックやグレーなどの単色使いや、複数の色を組み合わせたツートンカラーがおすすめです。
色を分けることで、建物にメリハリがつき、おしゃれな外観が演出できるのです。

また、サイディングやモルタル、タイル、レンガ、ガルバリウム鋼板など、外壁材の種類も重要なポイントです。

*屋根やバルコニー、窓で建物の形に変化を

四角い総二階建ての建物に変化を加えるには、屋根やバルコニー、窓を活用しましょう。
平らな陸屋根や片流れ屋根、切妻屋根などを選ぶことで、シンプルな建物に個性をプラスできます。
また、バルコニーは外観のアクセントになるので、建物全体のバランスを考えながら、色や大きさを決めましょう。
窓の配置や数、大きさ、形状も外観の印象を左右します。

*外構との一体感を大切に

総二階建ての単調さを解消するには、外構デザインも重要です。
建物だけでなく、外構とトータルでコーディネートすることで、視覚的な印象が変わるのです。
塀や門、庭、植栽、カーポートなどを上手く配置することで、家の外観に高さや奥行きが生まれます。

□まとめ

総二階建ては、建築コストを抑えながら快適な居住空間を実現できる魅力的な選択肢です。
基礎と屋根の施工面積が少ないため、材料費や工事手間を減らせるほか、断熱性やメンテナンス性、耐震性にも優れています。
また、外壁の色や素材、建物の形状、外構デザインなどを工夫することで、おしゃれな外観に仕上げられます。
予算と理想のバランスを考えながら、自分たちに合った総二階建ての住まいを選びましょう。